Top > ウィザード

ウィザード

Last-modified: 2012-05-07 (月) 12:02:38

紹介 Edit

ウィザードは主に魔法攻撃を得意とする職業。
接近戦は不得意だが、習得するスキルの中には広範囲の敵に有効なものもあり、
PTでは非常に強力な戦力として活躍する
火系魔法・雷魔法を中心に、攻撃系魔法を多く覚える。(公式サイト)

メインクラスとしての特長 Edit

遠距離の魔法スキルの攻撃力が序盤から非常に高く、めまい・ストップなど足止め役としても優れる。
その反面、クロース系の防具しか装備できないため、防御・回避面では非常に脆い。
また、体力の伸びも低いため、どうしても耐久性に難がある。この点はOPでの強化が必須となる。
近づかれる前に火力でねじ伏せる戦闘スタイルが基本になる。攻撃クラスとしては早熟タイプと言える。

が、PT戦では不用意に距離をとりすぎて余計な敵を検知させないように注意。
火力の高さから、ソロ狩りの効率は非常に高い。フィールド狩りではガンガン瞬殺できる。
しかし、HPや防御などが高い=耐久性が高い敵の場合、近づかれてしまってウィザードの脆さがモロに響いてくるので、それらを相手にする場合は工夫が必要。
ステータスは、知性>精神>敏捷=体力>力 の順で伸びる。
後半のBOSSは範囲攻撃が非常に痛く、体力OPや精錬をしていないウィザードは即死も十分ありえるため、
しっかり体力を強化したい。
ライトニングなどの足止め・妨害スキルは充実しているのでその方面では最後まで十分役立つ。

魔法攻撃スキルのダメージは、杖の魔法ダメージに固定値を上乗せするタイプのため、
Lv50台あたりから装備強化が進んでない状態では%ダメージの攻撃スキルが活きる物理攻撃クラスと比較してどうしても弱くなってしまう。
ただし、魔法攻撃スキルのほとんどは知性ステータスが一定割合でダメージに上乗せされるため
Lv55以降の装備性能とOP強化による知性の上乗せによって強力な火力攻撃クラスとして進化する。
Lv65になると一部のbuffスキルの性能が向上。特に詠唱速度の加速による砲台化はPT・対人共に優秀と言える。

PT募集時は、ウォーリアー・スカウト・ローグと共に、「その他(もしくは火力)募集」扱いされる。
場所によっては、豊富な足止め・妨害スキルによるCC(クラウドコントロール)役として呼ばれることもある。

サブクラスとしての特長 Edit

範囲魔法攻撃やスタン、足止め、詠唱妨害スキルなどを習得することができる。
また、MPを消費するスキルを覚えるため、MPを必要としないメインクラスとも相性がよい。
瞬間発動の遠距離魔法スキル(ファイアボール)を使えるため、物理クラスでもMOBの釣りに有効。
ウィザード一般スキルの中に敵の詠唱を妨害するものが2つもあり、
これは強力な範囲魔法を唱えてくる後半ダンジョンのボスに対して極めて有効である。
サブウィザードには妨害の役割も期待されている。
魔法職(プリースト)と組ませる場合、どうしても体力が不足するので、装備強化は体力を中心に行おう。

ウィザード/ウォーリア Edit

Mの中では攻撃的な組み合わせ。実はかなり火力が高い。
エリートスキルの取得によりMの中では、最もクリティカル率が伸びる。
クリティカルダメージを上昇させることにより、M職では最高の火力にもなれる。
防御面では、ウォーリアのステ補正により体力がそれなりに伸びる。
最大SPの増加、MPリジェネバフ、クリティカル率の上昇などのスキルが使える。
テンション→MP、およびMP→テンションへの転換スキルもある。
テンションを消費して強力な効果を発動するスキルを多く覚える。
MPリジェネバフのおかげで、MP管理がとても楽。豊富なMPを活かした強引な攻めもできる。
また、たまったテンションをかなりの高効率でMPに変換することもできるので、
マナPOTに困ることはまずない。
【特徴的なスキル】

  • ガードオーラ:ウォリ一般の優秀な防御スキル。序盤〜中盤で効果を発揮する。
  • 強化アタックオーラ:エリートパッシブにより、アタックオーラが魔法攻撃力にかかるようになる。
  • フレキシブルマインド:極めて便利なMPリジェネバフ。5分間持続し、SLV55で5秒ごとにMP65回復させる。
    他者にかけられないのが残念だが、それでも優秀なバフには変わりない。MP管理がかなり楽に。
  • パワーソース:テンションをMPに変換するスキル。35テンションを消費し、SLV55で一瞬でMP1120も回復させる。

ウィザード/スカウト Edit

遠距離+遠距離の組み合わせで、遠距離戦闘に強い。但し詠唱中に矢は撃てない。
武器が杖である関係上、メインの攻撃手段として使える遠距離物理攻撃はあまりないが、
メインの魔法攻撃の火力を補助すスキルがそろっている。
火ダメージ特化、足止めスキル、矢に属性付与、火属性DoTダメージ、火属性ペット召喚(但しほとんど鑑賞用)
単発火力よりも、燃え続ける炎でジワジワと炙り殺すようなタイプ。
他の組み合わせに比べるとエリートスキルの直接火力に欠けるが、サブスカウトの最大利点、弓分のOP枠強化で
基本スキルの威力底上げは魅力の一つといえる。
【特徴的なスキル】

  • フレイムソウル:40秒間、ワーデン気分を味わえる。ヘイトは取ってくれない。MOB釣りに使う程度・・・。

ウィザード/ローグ Edit

全職の中でも最高クラスの火力を目指せる組合せ(当然、装備を整える必要がある)。
DoTスキルが二種類になり、高い持続ダメージが稼げるのはスタンが効かない王冠相手の逃げ撃ちに強い。
特徴としてはローグ一般のダブルウェポン効果により、左手に短剣を装備できる点にある。
現在の仕様では、魔法ダメージは右手と左手の合計で計算されている。
このため右手杖+短剣で、強化次第では両手杖を遥かに上回る火力を発揮する事が可能となる。
欠点としては両手杖のダメージを超える為には、片手杖は紫が必要だが、流通数が非常に少ない事。
一応、片手杖は両手杖に比べて需要が少ないので、価格自体は両手杖より安価で入手できる「かも」しれない。
繰り返すが、あくまでも『最高クラスの火力を目指せる組み合わせ』であって、安易に最高クラスの火力が
手に入る訳ではない。紫片手杖&紫片手短剣、そしてそれぞれのMLを高い水準用意して初めて可能となる。

【特徴的なスキル】

  • カースポイズンファング:強力なDoTスキル。サンダーボール&通常の攻撃魔法と併用することで高いDPSを発揮できる。
    詠唱もクールタイムもなく、毒牙の儀式中ならば連射可能なプチファイアボールとしても使用できる。
  • 闇の加護:詠唱時間短縮バフ。これも火力の高さの一因である。レベル55ならサンブレの詠唱が2.6秒から開始される。小数点以下も計算している模様。
  • バンパイアリップ(バンパイアキス):攻撃と同時に自身のHPを回復する。即時発動のため、ソロ時の簡易HP回復のほか火力の上乗せにも使用できる。

ウィザード/プリースト Edit

最も無難な組み合わせ。装備が同じ系統なので使いまわせる。経済的。
武器も同じ杖なので、高い回復力を活かしたリジェネを使えるのが魅力。
シークレットマジックやエンフォースバンで火力の底上げもできる。Buffは非常に喜ばれる。
基本的にサブプリは、回復魔法(クイックヒール連打+リジェネ)による生存力の強化がメリット。
即死さえしなければリジェネやクイックヒールで回復でき、立て直すことができるので、
体力OPや精錬で防御を強化していくことが重要。
どうしても体力が不足する組み合わせなので、体力重視の強化方針がおすすめ。
とはいっても体力一辺倒の強化というわけではなく、体力を重視しつつ魔法攻撃力もあげていきたい。
【特徴的なスキル】

  • シークレットマジック:魔法攻撃力増加バフ。15分持続で他者にもかけられる優秀なバフ。W/Mや他魔法系の支援にも。
  • エンフォースバン:サンブレイズ、ファイアボールの追加ダメージ発生率がさらに向上。体感で約2倍。
  • アクアスイフトマスター:アクアスイフトを即時攻撃として使えるように。火力密度の向上や、トドメに有用に。
    ただし威力がかなり下がり(詠唱速度が2秒から即時になるので、詠唱係数が2から1に下がるためである)、消費MPも約3倍に・・・。
  • ホーリーキャンドル:ホーリーライトに毎秒最大HPの2.0%の回復効果が追加。より危険回避に使いやすく。

ウィザード/ナイト Edit

最大の特徴は、3種の光魔法の追加とサブナイトによる体力・物理防御力の上昇。
また、エリートスキルは光魔法とその補助・強化に偏っている。
ナイト一般スキル[オーラアーマー](物理防御アップbuff)でウィザードの弱点である打たれ弱さをカバーできだけでなく
パッシブスキルの[ディフェンススキル](ブロックレベル増加)と[タフネス](体力値増加)により
後衛・魔法職としては物理攻撃に対して破格の防御力が得られる。
攻撃面ではM/Pの[シークレットマジック]のような魔法攻撃力上昇スキルはないが、
光魔法を強化するエリートが豊富で、威力の底上げやクリティカルダメージ向上、魔法命中の強化が可能。
特殊性や意外性は少ないが、メインウィザードの中ではかなり使いやすいビルドである。
【特徴的なスキル】

  • オーラアーマー:ナイトの一般スキル。これにより高い防御力を得ることが出来る。
  • 光属性魔法:ホーリーライト(2秒詠唱の攻撃魔法)、シャイニング(光属性版ギャラクシー)、ライトショック(即時発動)

ウィザード/ワーデン Edit

かなり尖った性能を持つビルドと思われるが強化次第とスキルの有効活用を行えば、他のMよりDPSが上がる。
サブワーデンにより耐久面(体力)はそれなりに底上げされるものの、
ワーデンの一般スキルはMP消費だが物理志向のため、活用するのは難しい。
エリートスキルは攻撃志向。アースサージはサンブレイズを越える大ダメージだが命中率が低いというで癖の強い魔法であるとともに、魔法命中率が上がっても格上に当たる確立は、変わらないので格下相手以外に使う事は、お勧めしない。
アースウィンドエッジは瞬時発動の2重ダメージ型攻撃魔法。ファイアボールの強化版といったところ。
【特徴的なスキル】

  • アースサージ:命中率が低い(特に格上には使えない)大ダメージの地属性魔法ではあるが、基本はサンブレの方が強い。
  • アースウィンドエッジ:地属性と風属性の2重ダメージ。ファイアーボールと、サンブレの中間程度のダメが出る。 射程距離が250の為かなりの優秀スキルとなる。
  • アースセプター-:自分にのみかけられる地属性バフ。これがある事により地属性ダメがかなり優秀になる。
  • エルフの恩恵-:基本的に、自分がMTになっていなければ使えない死にスキルだがMT時に使うとタイミング次第でサンブレが1秒で速射出来るので、優秀と言えば優秀。
  • アースメーキング-:地属性を巧く重ねる事でクリ率が上がる為、是非巧く使いこなして欲しい。

ウィザード/ドルイド Edit

ウィザード/プリーストから汎用性を減らした組合せ・・・と思いきや、リカバーの回復性能が高い為、
ソロや少人数PTであれば(高位ID以外なら)回復の面倒もある程度見ることが可能。
エリートスキルのbuffは自身のみばかりだが、火力面の性能はなかなか強い部類に入る。
35エリートスキルの「マグマブレード」はSpellの中では最長射程を誇る上に、キャスト瞬時
火属性と地属性によるデュアルダメージ、40エリートスキルで「消費した分より多くMP回復」と
対単数ながらブッとんだ性能となっている。
サブドルイドにより最大精神値UP、毒解除もあり、火力と支援を両立させたなかなか面白いビルドといえる。
【特徴的なスキル】

  • パーセプション:自己buff。600秒間、最大SPと魔法攻撃力が増加。M/Pのシークレットマジックと重複可。
  • マグマブレード:火属性と地属性の2重ダメージかつ現行spellでは最大の射程250。使い勝手が良い。
  • ボーリングロック:上記のマグマブレード使用時に確率でMP回復。発生率が高めでMP回収率が良い。

スキル Edit

スキル/ウィザード
エリートスキル/ウィザード

ウィザード(上昇率)
ウィザード(上昇率)/エリートスキル(上昇率)

装備可能品 Edit

武器 Edit

  • 短剣 / 片手杖 / 両手杖
  • 武器熟練度上限
    素手片手剣短剣片手杖片手斧片手槌両手剣両手杖両手斧両手槌長柄長槍防御
    DC+C+A-EEEA-EEEDDDD+
    A:Lv55で150前後 B:同120前後 C:100前後 D:80〜90前後 E:70前後

防具 Edit

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ウィザード一般スキルの中に敵の詠唱を妨害するものが2つもあり と書いてあるけど1つだよな -- というか? 2009-12-20 (日) 02:37:54
    • サンダー召喚、サイレンスの「2つ」 -- 2009-12-21 (月) 14:58:30
      • ライトニングも忘れずに -- 2010-05-02 (日) 00:20:02
  • /Kの短評ですけど、スタン付き光魔法は1種類(エリート取得で変化)だし、詠唱短縮スキルなんて無いと思うんだけど? -- 2010-03-10 (水) 04:03:40
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White